スローだけどビジネス、愉しくて確実、やさしくて強い、そんな世界に私はなりたい・・・。今日も妄想は膨らむ。


by sukha_sukha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ずっと前から受けたかったジェニー・キャプラー(Genny Kapuler)のレギュラークラスをついに受けてきました!

ジェニー・キャプラーはアイヤンガー・ヨガの教師としてはキャリー・オワーコ(Carrie Owerko)と同じくマニア(?)にはとても有名な人らしいのですが、私はつい最近まで知りませんでした。間接的にせよ直接的にせよ、いつもアレクサンダー・テクニークのことを考えながらヨガをしたり教えたりしたいので(まだできていない)、ヨガ教師でありながらアレクサンダー教師でもある人を探していたらジェニーに行き当たったという訳です。うれしいことに彼女はアレクサンダーのみならず、ボディマインド・センタリングの教師でもありました。もうわくわくです。

彼女は古き良きニューヨーカーらしく(名前はジュヌビエーブなので出身はどこか知りませんが)、今では超高級エリアとなったソーホーの古くて感じのいいロフトに住んでいてそこでクラスを教えています。彼女のアパートメントは5階だったか4階だったかと思うのですが、なんとエレベーターが使えません。エレベーターはあるのになぜか彼女の階には止まらないのです。どうりでさっきヨガを受けに来たような人たちが数名エレベーターには目もくれず階段を昇っていったわけです。私はヨガマットを担いでいたので、見ればクラスを受けに来たとわかりそうなものなのに・・・。教えてよ・・・(ちなみにスタジオにはヨガマットが置いてあります)。

ジェニーは50代後半くらいでしょうか、落ち着きのある、でもとてもほがらかでエネルギッシュな人でした。部屋には京都や奈良の古い仏さま(仏像)の写真が飾ってあって、昔、京都の国宝仏像修理所でバイトしていた私にはたまらなく懐かしい雰囲気のするロフトでした。ジェニー自ら受付をしていて、私の名前を言うとスペルも聞かずにスラスラとノートに名前を書き付けてくれました。「日本人の名前はスペルがきちんと決まっていて明確だからいいわ。」とにっこりするジェニー。

私が受けたクラスは“General”というカテゴリーで、少し異なるレベルの生徒さんが集まっていました。ヨガワークスで教えているKaviという先生の姿もあり、どうやら彼ともう一人の先生がジェニーのお弟子さんとしてクラスのアシスタントをするようでした。どの生徒さんたちもコアな感じで真剣そのものです。私は後ろの方にマットをしいて横たわってクラスが始まるのを待ちます。私はこういう雰囲気がとても好きです。

クラスは座ってチャンティングするところから始まりました。ジェニーはゆったりと時間を取りながら、座り方についていろいろ生徒に語りかけます。アイヤンガーヨガなので、もちろん指示はダイレクトで強いものなのですが、内側から観察しながら動いていくというアレクサンダーのスタイルが感じられるような、静かで集中した時間でした。

ヨガのポーズを取るとき、教師は普通どうすればいいのかいろいろ口頭で指示を出していくのですが、教師が外側から告げる言葉は生徒さんが内側で感じとれるような役割をするのが一番だと思います。ヨガはみんなが自分自身と語り合う時間のことなので、私はそれを忘れがちだなと思いました。

それにしても単なるダウンドッグやアップドッグがとってもしんどかったです。笑
ホールド時間は長めでしたが、どうしてだろう?とにかく筋肉がブルブル震えました!
あと不思議だったのが、その日はハンドスタンド(両手を伸ばしてする逆立ち)をしたのですが、いつもちょっと痛む右手首が全然大丈夫だったのです。去年の暮れに自転車から落ちて激しく痛めたこの手首もようーやく治ってきているということもあるのですが、もうひとつの理由はそれまでにやったポーズで胴体と特に脚が強化されて、腕にかかる負担が少なくなり、自分でもびっくりするくらい軽々とかつしっかりと腕で床を押せたのです。これは楽しかったです。

その他もいろいろやったのですが、1時間半のクラスはあっと言う間に終わりました。クラスが終わると、真剣そのものなコアな生徒さんたちもちょっとリラックスして普通の人間に戻った(?)感じでした。ジェニーのクラスのスケジュールは、うれしいことに私のスケジュールとぴったり合っているのでこれからできる範囲で受けに来たいと思いました!


Genny Kapuler
a0127071_364412.jpg

[PR]
# by sukha_sukha | 2012-09-16 02:37 | ヨガのこと

11年目の911 from NY

毎年911当日と前日はワールドトレードセンター跡地から2本の青い光が放射され、
うちの裏庭からでも見えます。

このサイトはたぶん対岸のニュージャージー州からのものでパノラマです。
写真をクリックすると画像が動きます。よければ見てください。

http://www.nathantweti.com/911-lights-panorama/

今日は抜けるような青空の涼しくてすばらしい天気でした。
11年前と全く同じです。
やはりNYではあの日のことを忘れる人はいないと思うけれど、
10年を過ぎて生々しさが消えてきているような気がします。
ものすごく努力をしなければ何事も風化していきます。

311からはちょうど1年半でしたね。
みなさんの中での風化状況はいかがでしょうか。

そんなことを思った一日でした。
[PR]
# by sukha_sukha | 2012-09-13 10:37 | 日記・日々の気づき
フォレストヒルズでの新しいクラスのチラシです!

お掃除仲間の金魚さんにデザインしてもらいました。

金魚さん、ありがとう~
a0127071_7521570.jpg

[PR]
# by sukha_sukha | 2012-09-08 07:52 | ヨガクラス情報
9月26日からクイーンズのフォレストヒルズで新しいヨガクラスが始まります!

場所は地下鉄の71-Continental Ave駅から徒歩5分くらいにあるダンススタジオの
3階です。新しくできたビルに移転したスタジオなので全てが新しく綺麗!
3階と4階がダンススタジオになっていて、私が使わせてもらうのはかなり小さいスペースなのですが、
窓際で明るく、道からも少し見えるかもしれません。

クラスは英語で行いますが、生徒さんが日本の方ばかりのときはもちろん日本語でやりますし、
そうでなくても少人数クラスなので日本語で時々サポートできると思います。
そしてそして・・・何とクラス費は12ドル!はっきり言って破格です。^^

こじんまりとみっちりと、intimateな感じでできたらなあと思っています!
よろしくお願いします。


詳細はこちら。何でもお気軽にお問い合わせください。


日時:毎週水曜日午後7時半~8時45分、毎週金曜日午前10時半~11時45分

場所:All Star Studios
108-21 72nd Ave. 3rd Fl. Forest Hills, NY 11375
(between Queens Blvd. & Austin St.)

料金:12ドル/1クラス

お問い合わせ:Akiko Nishijima
suukayoga()gmail.com ()は@に変えてください。
718-408-0489

スタジオへの行き方はブログのメインページ右横にあるクラス情報欄に書いてあります。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by sukha_sukha | 2012-09-06 05:23 | ヨガクラス情報

Buoyancy

先週ソーホーのヨガワークスでCarrie Owerkoのクラスを受けたのだけど、そこである写真の話が出てきた。何でも海底から水面を見上げて撮った写真で、遠くの水面には象やらいろんな動物やらが楽しそうに泳いでいるのだそうだ。

瞑想とはそういうものらしい。

つまり水面に浮かんでいる象たちは思考で、いつもそこにあるしこちらからも見えているのだけれど、深くて静かな海底にずうっと入っていくと水面はずうっと遠くに離れていくのだということ。

象ってぷかぷか浮かぶのだろうか?
そんな光景を海底から見れたらシアワセな気持ちになるだろうな。

そんなことを思いながら暗い部屋でシャバサナ(屍のポーズ)をした。
ずっと下に降りていくには時間がかかるかもしれないけど、象さんのお腹を見ながら時間を過ごすのも悪くない。私の頭の中にはどうでもいいことがいつもぐるぐるぐるぐる回っているけれど、まずはそれをぷかぷか浮かべることから始めたらいいのだろうか。

それから数日たったある夜、ベッドの上に座って瞑想していると、死ぬ前に静かな気持ちになれることって本当にあるんだろうかという考えがまたふとよぎった。すると亡くなったお母さんの姿のようなものが浮かんできて、何ていうかほんのすぐそばから私を見つめているような気になった。何だか妙にリアルな感覚でびっくりしたのだけど、その後急にぐぐっと静かになることができた。そのとき、死んでも人って意外に近くにいるのかもと思った。輪廻を信じるとかそういうのよりも、見えないだけでその辺にいろんなものがぷかぷか浮いているのかもなと何となく感じたのだ。

英語にBuoyancyという美しい言葉がある。

日本語にもあるブイ(Buoyブウォイ)と同じ語源の言葉なんだけど、大海にぷかぷか漂っているイメージだろうか。Carrieはクラスの最後にスーフィーの賢者ルーミーのBuoyancyという詩を朗読してくれた。最後の2節は心地よく耳に残って最近シャバサナでよくそれを思い出している。


We're groggy, but let the guilt go.
Feel the motions of tenderness
around you, the buoyancy.

私たちはいつもふらふらおぼつかないが、うしろめたさは流していこう
あなたをつつむやさしい波動を感じながら
それがBuoyancy、浮遊感なのだ

(超勝手意訳 by Akiko Nishijima)


全文はこちら↓

http://www.eromance.com/inspiration/poems/buoyancy.html
[PR]
# by sukha_sukha | 2012-09-06 03:22 | 瞑想